Caféでホッとした時間を。

適応障害になった私のお仕事•子育て実験録

トイレに行ける職場。

こんにちは。すいです。

 

本日も、お布団の中からお送りします。

机で書こうと思ったけれど、寒すぎて断念。

 

最近寒いよね。お部屋、暖房ついてるんだけどね。

それに、去年買い替えた冬用のシーツがモッコモコで本当に気持ちいいのでお布団の所に行きがち。

 

さて、本日はお布団の話じゃないんです。

おトイレの話です。

f:id:nnnn17:20210120194601j:plain

※おトイレの画像(フリーのやつ)がなかなかいいの無くってね。

ネコちゃんに差し替えました💛

 

私、おトイレに結構頻繁に行くんです。

腎盂腎炎になりやすい体質のせいっていうのもあるのだけど、

とにかく水をよく飲んで、トイレで出す。

循環が大事。

(私は、お医者さんにもそう言われてる。)

 

でないと、腎臓に違和感が出てきたり、熱が出ます。

 

それに生理の時は、布ナプキン愛用なのでトイレはさらに頻繁。

布ナプキン使用の場合、基本的に経血の吸収をメインの目的としてないなく、あくまで経血はトイレで排泄するものです。)

 

普通の人から見たら、おかしいじゃんw ってくらいトイレに行きます。

(実際、なんでもない時に「トイレ行きすぎじゃない?おなか痛いの?」って職場の人に聞かれたことあるw)

 

でもね、それが私の中での”正常なの。

 

お仕事が忙しくなっておかしくなっていた時ってさ、ほぼほぼ100%これが出来ていないときだったのね。

と、気付いてしまった。

期間にして約半年位、出来てなかった。

 

私は、私の身体を守るためにずっとこういうペースで仕事をしてきたのだけど、

いつの間にか自分のペースが崩れていた。

 

自分のペースに合わせて仕事をする。のではなくって、

 

いつのまにか、

仕事のペースに自分を合わせていた。の。

 

そりゃあ体調も崩すよね。

 

確かにそうしないと終わらなかったし、そうせざるを得なかった。

 

ゆっくり水を飲む暇もなく、

飲まなければトイレにもいかず(時には我慢してしまうことも)、

生理の時も体のペースに合わせると仕事が出来ないから、何時間もトイレに行かなくていいように長時間用のタンポンを使用するようになった。

 

他の人からしたら普通なのかもしれないけれど、私的にはかなり無理をしていたのね。

 

それで思い出したの。

自分の身体に合わせたペースで仕事をしていて快適な時に

 

このペース(自分のペース)でトイレに行ける職場じゃないと働きたくない!

 

って思ったんだっけ。と。

忙しい時、思いっきり忘れてた。

 

こんなこと言うと贅沢なのかもしれないけれど、

(そう思うってことはトイレに自由に行くのが贅沢って思ってる自分にも気付いた。)

 

行きたいときにおトイレに行けるってって本当に大事よ。

 

以前接客業だった時、いろいろ嫌な事あったけど、

 

(お客さんがいるから)トイレに自由にいけないのが嫌だった。

 

持ち場離れて無人になっても困るから一人の時は行けないし、

人がいても「お手洗い行ってきます。」って言わなきゃ行けないし、

 

そもそも、おトイレって誰かに許可を得て行かなきゃいけないのかね?

 

排泄って、生理現象だよ?自然だよね?

 

おトイレ位、勝手に行かせてくれ!w

 

そんな気持ちでいっぱいです。

今はおうちなので自由だけど、復帰したら仕事よりもトイレ最優先だよ!

 

笑い事じゃないのよ!w

自分の体調が良くないと、いい仕事なんて出来ないんだから!

トイレのペースの話だけじゃないよ。

自分にとって快適なペースじゃないと、いい仕事なんてできないんだから!

 

SuiNoe