一人の時間とは?

f:id:nnnn17:20210121123628j:plain

こんにちは。

 

気付けばもうお昼の時間帯。

今日も順調に何もしていません。(休職中)

 

お休みになればいつもより凝った料理するかな?と自分に期待したけれど、

今の所全くそんな気配はないw

 

お昼なんてカップ麺かレンジでチンの何か。

料理すら手を抜いて一人の時間を楽しんでます。

 

思えば実家にいた頃は自分の部屋があったし、

東京で一人暮らしを始めたときはもちろん家に一人だったし、一人の時間がずっとあった。

 

結婚・出産してから、突然一人の時間が無くなったの。

子供と一緒にいるか、夫と一緒にいるか、仕事を始めてからは職場で仕事に人と居るか。(職種によってはお客様とも話すし)

 

たまに、美容院やカフェに一人で行ったところで、全然時間は足りない。

 

一人の時間が足りないよ!

 

そもそもさ、美容院も担当の方がいて、施術をしてくれる方がいるので、一人じゃない。

「話しかけるな。」って意味ではなく、担当さんと久しぶりに話すのはそれはそれで楽しいけれど、私が思う一人の時間とはなんか違う。

 

カフェだって、一人でテーブルに座っているけれど、周りのお客さんっていうギャラリーがいるじゃない?

隣の知らない人と会話することはないけれど。

 

そういう感覚からすると。

 

もう、完全に一人になりたい。

 

出来れば視界に人が入らない感じ。

家の中に誰も居なくてぽつんと一人な感じ。

他の部屋にも居ると気配はあるからちょっと違う。

(私を呼ぶオーラ満載の気配はNGだけど、

向こうも何かに没頭している感じならOK!)

それが私の一人の時間。の定義。

その時間が自分が満足する程度にないと、疲れてきちゃう。

(延々と一人だとまたそれは違う感覚なのかも。)

 

私、どうしても人に影響されやすいの。

気になれば見ちゃうし、見ていなくても存在感があると何かを感じている。

人の目。というか。

基本、気にし過ぎなんだよね。知らない人なのにw

 

昔から、

 

うちは公務員だから(父親の職業)、税金で生活しているの。

だから、どこに行っても恥ずかしくないようにしなさい。

 

そんな感じの教育だった。

そんなにしょっちゅうは言われていた記憶はないのだけど、

少ない回数のその言葉が子供にとっては衝撃的だった。

それなりに自由にさせてはもらっていたけれど、

 

人の目を気にする。世間の目を気にする。

 

というのは刷り込みのように私に張り付いている。

 

だからかな。一人の時間は安心できる。

何もかもから

守られている一人の時間は安心感でいっぱい。

 

”それが一人で生きる。”

となると意味合いが違ってくるのだろうか?

全てが自己責任の世界。

 

自己責任だけど、自由な世界。

 

どんな感じなんだろう?

 

まだまだちょっと怖いな。

 

上の”一人で生きる。”っていうのは、

”会社から面倒見てもらうのを辞める。”って意味合いで使ってみた。

 

現在、残念ながら一ミリも職場に復帰したい気持ちが沸かない。

このまま湧かなかった時に、どうするんだろうか?

 

違う会社に勤める?

それともフリーランス的な個人事業主になる?

 

私、売るもの何もないよ。

技術も物も。

 

あるのは、自分のペースで働きたいって気持ちだけ。

 

それだけでなんとかなった人っていますかね?

いたら是非話を聞いてみたいね。

みんなやってるかもしれないけれどさ!w

 

SuiNoe