Caféでホッとした時間を。

適応障害になった私のお仕事•子育て実験録

直観を信じる。ー本屋大賞ノミネートについてー

f:id:nnnn17:20210123130209j:plain

こんばんは。すいです。

今日は本屋大賞ノミネートの日。

私が大好きなあの作品ノミネート作品に入っているのか?

とってもとっても気になる。

 

お昼を過ぎてTwitterを確認すると、既にタイムラインはお祭り騒ぎ♪

ノミネート10作品を見てみると...。

 

は、入ってる~~~!!!!!(歓喜!)

 

本当に嬉しかった。

私のコメントを載せていただいた本、

 

青山美智子さんの『お探し物は図書室まで』

ポプラ社

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

お探し物は図書室まで (一般書 304) [ 青山 美智子 ]
価格:1760円(税込、送料無料) (2021/2/9時点)


 

 お探し物は図書室まで【電子書籍】[ 青山美智子 ] 

お近くの書店にも行ってみてね!

 

本屋大賞ノミネートに入ったよーー!

なんか私が書いた本みたいに喜んでますが、違いますw

青山美智子さんという作家さんの本です。

 

私、青山さんの本大好きなんです。

私が本を購入する時ってとことん、”気になる本を買う。”スタイル。

同じ著者さんを連続して買うっていうのはシリーズ物でない限りあんまりない。

 

その私が初めて、

 

この人の書いた本は全部買いたい!

 

と、思ったの。

『木曜日にはココアを』が文庫になって少しした寒いある日、

たまたま、いつもは行かない書店に立ち寄ったのです。

その書店は立地柄オシャレな女性が多いのでしょう。

女性向けの書籍が多く、あれもこれもなんかよくわからないけれど、欲しい本ばっかり!

その中で積まれていた『木曜日にはココアを』が気になる。

一度スルーして立ち寄ったけど、どうしても気になる。

そしてその日は奇しくも、”木曜日”

 

これ、買わなきゃいけないやつだわ。

 

なんか直観でそう思ったの。

しかも帰宅した後。律儀にもちゃーんとココアを飲みながら読んだw

 

読み終わった後は、もうなんか凄い本買ってしまった!感が凄くて大興奮。

 

本屋に立ち寄っては青山美智子さんの本を買い足す日々。

 

そしてしばらくたったある日。

ポプラ社さんから新刊がでるという情報が!

 

青山美智子さんの本が!

 

ポプラ社さんから出る!

 

これは一大事!

 

すぐさまいつもやり取りをしていた当時の担当者さんにメールをして、

プルーフを送っていただけることに!(それが『お探し物は図書室まで』)

 

もう震えました。

 

本当に本当に本当に読みたい本が、発売前に手元に届いた。

 

プルーフも色々あるけれど、今回のはガチで個人的に読みたい本。

 

私、読んでいいのかな?職権乱用?w

 

そんな気持ちを抱きながらも、楽しく時には涙しながら読み進めていった。

勿論、感想も個人的に送らせていただいたしツイートもした。

 

そして、あれよあれよとコメントを使っていただくことに。

それをやり取りしたポプラ社さんの方もね、実は不思議なご縁でつながっている方で、とってもびっくりしたの。

 

色々と楽しくやり取りをしながら出来上がりデータを確認ていたところ、

今度はオンラインのお誘いが。

 

なに?何が起きている??

勿論大喜びでOKしたのだけれど、

 

突然の出来事に自分の世界で何が起きているかもうよくわからなかったw

 

私ね、給付金の10万円でノートPC買って、なんでだか使うか分からないWEBカメラも一緒に買ってさ。

たまたまPC環境整えてたんだよね。

 

準備万端過ぎない?怖いくらいに。

 

オンラインお話会は初めてだったけれどとっても楽しかった。

青山美智子先生もたくさん聞けたし、

初めて自分のチェーン以外の書店員さんと楽しくお話しできて、

いろいろな仕事の楽しさや悩みを共有して、

編集さんからも作品が出来るまでのお話が聞けた。

 

本当に本当に幸せな時間だった。

 

ここだけの話、自分が推している本であることもあり、

かなり無茶したんですよねw

 

これ、本屋大賞ノミネートする予定だから、注文して!って言い切ったw

 

これ、個人的には結構大変な事で。

私が熱量をもってこれを発信することで、この熱量に乗った文芸担当の人は勝負に出る訳です。

私が発信しているのは数店舗ではありません。

という事は、トータルすると結構な数なんですよ。

だからその発信・発言に責任を持たなければならない。

もう。最高に怖かった。

 

いくら大好きな作家さんだからってさ、万が一お店の客層に合わなかった場合とか、

ノミネートされなかった時とか、嘘つきになるじゃん!!!

 

って。

しかしそれが、本当になったのよ。今日。

本屋大賞ノミネートされた。

そして、私はたまたまお休み中でゆっくりと喜びをブログにしたためています。

 

私、ひとつ前に、「一ミリも復帰したいという思いが沸いてこない。」

 

と書いておいて、

 

本屋大賞を見届けるまではやめられないなぁ。と思わなくもなくもなくもない。

(どっち!?w)

 

そんな気持ちです。

 

SuiNoe