面倒くさい。とどう向き合うか。

こんにちは。

 

最近お仕事もプライベートも忙しく、気付いたらあっという間な一週間。

しかし、それは何もなく過ぎていったというより、やることが沢山すぎてひたすらこなしてたらあっという間だった。という感じ。

f:id:nnnn17:20210403132303p:plain

さて、タイトルの『面倒くさい。とどう向き合うか。』ですが、

いやもう、「面倒くさいは面倒くさいだし、どうにもならんわ!」って思って休職期間は特に逃げてきた訳ですが、

結局逃げてもどうにもならなかったですw

 

結論としては、

 

今、面倒くさいから逃げたら、後でもっと面倒くさくなる。

 

でした。

このお言葉、たまたまTwitterで流れてきて、「ほんとそれだわ。」と凄く納得したのです。

 

結局、自分が逃げた”面倒くさい事”って、後でまた来るんですよ。

 

明日かもしれないし、

一週間後かもしれないし、

一か月後かもしれないし、

一年後かもしれないし、

もっと先かもしれないけれど。

 

物理的に、やらないとそのままの状態で止まる。という事もあるし、

(片付けとか、ブログの更新とかね。)

全く同じことが何度か来るときもあれば、

逃げた事で解決したと思ったことが、手を変え品を変え幾度となく問題としてやってくる。

 

経験上分かっていた事ですが、休職を経験して更にそう思いました。

 

大概、「面倒くさい。」と思った時点で、実はやらないといけない事。の方が多いのです。

本当にやらなくていい事だったら、効率の為に「やらない」。や、

特に興味なく「やりたくない」って判断になるはず。

 

「面倒くさい」のその先に、自分が目指す事や成りたいものがあるけど、そこまでしたくないから嫌。って意味で「面倒くさい。」ってなってるだけなんだと思います。

 

それを、越えないと、いつまでもその面倒くさいの先には行けないんだなぁ。

と改めて最近実感しました。

 

とっても分かりやすい例がこちら。

宮崎駿監督だって、「面倒くさい。」と言いながら作業しているのです。

その面倒くさいを超えた先が、ジブリの素敵な作品なのだと思います。

corobuzz.com

 

f:id:nnnn17:20210403125251j:imagef:id:nnnn17:20210403125304j:imagef:id:nnnn17:20210403125346j:image
f:id:nnnn17:20210403125329j:image
f:id:nnnn17:20210403125326j:image
f:id:nnnn17:20210403125336p:image
f:id:nnnn17:20210403125343j:image

 

 

究極はもうこれなんですよ。


f:id:nnnn17:20210403125255j:image

 この画像見ているとなんだか頑張れるんですよね。

宮崎駿監督”面倒くさい”に比べたら、私の”面倒くさい”なんて小さすぎて何ら問題ではないのでは!?となるのでw

 

仕事でも、プライベートでも、どんなことでも

 

”面倒くさい”を超えた人だけが見える世界があるって個人的には思います。

 

ちなみに私はまだまだです。

まだまだですが、まだまだなりに一つ面倒くさいことを乗り越え、

また一つ面倒臭い事を乗り越え、

少しずつですが、違う世界が見えてきています。

 

そう思うと、面倒くさい事が降ってきた時って寧ろ自分が成長出来るチャンス!

この世の中にあふれる”面倒くさい”をいい意味に変換できた時、

自分がやるべき事、やった方がいい事、がいかに”面倒くさい”で溢れていた事を知るのだと思います。

 

世の中の大事なことって大抵面倒くさいんだよ。

 

これ、本当だと思いますよ。私はね。

 

ラクな方に逃げることに慣れてしまうと最初はしんどいけれど、

逃げ続けていた日々とは違う何かが見えてくると思います。

 

Nori