会社員としての今の私をタロットで占ってみたら

こんにちは。

このブログは複業占い師として、占いの事や日常の気付きや思ったことを綴っております。

ちょっと疲れた時に読み、ホッとするような気持ちになっていただけたら幸いです(*^_^*)

 

それでは、どうぞ。

f:id:nnnn17:20211009141956p:plain



数秘の鑑定記事の前に、久しぶりに私の事を少しお話したいと思います。

 

私は会社員として働きながら占いもやっています。

お家の事や子育てもしているので、占い関連に割ける時間は少ないものの、

会社員としてのお仕事は好きなので、楽しみながらやっています。

 

今の会社でのお仕事は業界的にも新しい事が次々と出てきて面白い。

私の性にも合っていて、仕事内容にも飽きずに何年もお勤めすることが出来ています。

 

もうすぐ面談があるのですが、今まではその時その時ビジョンが見えていたので、

こうなりたい。ああいう仕事をしたい。

と、何を聞かれても答える事が出来ました。

 

しかし、困ったことに、今回はやりたい事ないんです。これが。

やりたいことがないというか、会社でやりたいことがない。

と言った方が正しいですね。

 

同僚や先輩と今後の仕事の話になった時に、

「ああで、こうで、こうなっていって、のりさんにもああいう仕事を・・・」

 

何やらまた仕事が増えそう。

話を「ふんふん。」とは聞いているのですが、

その中に何もやりたいことが何もないのですよね。

寧ろ、そういう方向に進むことは望んでない。

会社や仲間たちや上司は、私が目覚ましい成長をしてくれることを望んでいるようなのですが。

 

私は今の仕事で精いっぱい。

今の在宅と事務所勤務のバランスの環境や、サポート業務で十分満足なのです。

 

会社員としての仕事がこれ以上増えるのは嫌だなぁ。

もっと、他の事に時間や頭や気持ちを使いたい。

 

それが本音です。

 

今まで何度か、「仕事を頑張ろう!!」と、

今の会社で力を入れてきた時期がありました。

やりたい仕事が出来て、責任がある仕事が増えて、面白い仕事が増えて

楽しかったです。その時は。

 

しかし、どこかで無理をしていたのでしょう。

最後は必ず倒れます。

 

会社の流れに乗ってそうなるのは正直もう勘弁です。

 

タロットにも確認してみました。

 

シャッフル中に見えてしまったカードと、その後一枚引いたカード。

f:id:nnnn17:20211009142632j:image

ワンドのペイジ(正)

 

情熱が湧いてくるような、やりたいことじゃないと嫌!

 

もう、楽しい事じゃないと嫌なんだそうです(笑)

本当にそう思います。

 

f:id:nnnn17:20211009142647j:image

お次にペンタクルの9(正)

 

今のままで十分に満足している。

金銭的にも安定している。

 

 

そう。

今の仕事で満足しています。

これ以上ガツガツやりたいわけじゃないし、

変に成長!成長!とは思っていない。

それに、これ以上会社の仕事にのめりこむと、

今のお給料とのバランスが悪い事にも実は気付いています。私。

 

 

それらを踏まえて面談にどう臨んでいくか・・・?

 

f:id:nnnn17:20211009142655j:image

ワンドの10(逆)

 

やりたくないことはもう手放してもいい。

望まない提案なら受けなくてもいい。

なんにでもYESと言う必要はない。

 

やっぱりそうなるか。

本音はやはり本音でした。

 

面談でもきちんとお伝えしよう。

ガシガシ仕事やる気アピールはなしです。

自分の気持ちをお伝えした上で、来た流れに乗ります。

 

占いの事、家の事、子供の事、やりたいことは沢山あります。

会社員の仕事だけ比重が大きくなるのはなんだか違う。

 

そして、無理だから今までも倒れてきたんだと思います。

 

 

 

自分で思っていたことが考え抜いた思考からなのか?

本当の想いからなのか?

 

時々判らなくなる時があるので、確認してみましたが、

結局のところ正しかった。と言う結果に。

 

タロットってこんな使い方でも良いのです。

がっつり占うのではなく、こうやって確認のために使うのも面白いんですよ。

 

ではまた!

 

 

NORIはこんな人です!

Twitterはこちら

twitter.com

 

占い相談はこちらから。

emeraldroom.stores.jp

 

公式ラインはこちら

LINE Add Friend

 

その他SNSはこちら

www.lit.link