Cafeでホッとした時間を。

占いと心のブログ

「普通」を疑え。とはいうけれど、世の中の「普通」が自分の幸せだって人もいる。

こんにちは。

このブログはHappiness Researcherとして、占いの事や日常の気付きや思ったことを綴っております。

ちょっと疲れた時に読み、ホッとするような気持ちになっていただけたら幸いです(*^_^*)

f:id:nnnn17:20211223120450p:plain

占い関連の記事が続いたので、

今日は、ちょっと思ったことのお話を。

 

今は、昔と比べると色々と精神的なしがらみから

自由になるような動きが出ています。

 

当たり前を疑ってみる。

 

それは、結局誰の意見だったの?

 

それは、結局誰の価値観だったのか?

 

皆が「普通」とすること、「良し」とすること、を止めてみる。

 

 

ここ何年か前。もっと遡ると個人的には2011年頃からそういう風な流れが来ていたと私は思っています。

 

多様性を認め、今までマイナーだった価値観や少数派の人たちの意見も明るみに出て行き、

 

「それでもいいんだ。」

 

ということを実感していく。

それはとても素敵な事です。

 

しかし、その陰で、いままで「普通」とされてきたことや、「良し」とされてきた方の価値観の方が「私の価値観に近い。」という人達の肩身が狭くなっている。と感じることもありました。

 

 

その人たちは、流されている訳ではなく、(「普通」の安心感に流されている人もいるかもですが。)

普通と逆の事にチャレンジしてみて、一周周って、やっぱり私の大切なものは、コレだった。と気付いた人たちです。

もしくは、一周周らなくても、自分を深堀した結果、そう自覚している人たちです。

 

 

多様性が認められて、「みんな違って皆いい。」(金子みすゞ!)

となっているはずなのに、

 

どこか、

 

「人と違っていることをしている事の方がすごい!」

 

「マイナーな事をしている自分がカッコイイ!」

 

「少数派が素晴らしい!」

 

一部で、そんな風に捉える人も出てきていることも確かなのです。

 

個性は素晴らしきこと。

 

だけど、結局それを盾にマウントを取って、

 

自分の立場を脅かされないために必死なだけなのだとしたら、

 

 

それ、しんどくない?

 

 

と思うのですよ。

 

そして、「普通」をゴリ押ししている人たちと変わらないのでは?

 

 

少数派でも、一般的に普通と言われている事でも、

 

自分が心から納得しているのなら、結局はどちらでもいいと思います。

 

その、

「どっちでもいいよ。」

 

が、多様性なんじゃないかな。

 

決して、普通がダメで少数派がカッコイイ訳じゃない。

 

だから、今までの「普通」の方が私の幸せに近いのだと気づいた皆さんも、

安心して自分の思う道を進んでください。

 

 

大体、人生において直面しているしんどい事は、

 

本当はそうなりたいから選んでいる。(気付けていないからしんどいけど。)

 

か、

 

本当はそれをやりたくないって事を思い出す、気付く為に体験している。

 

の大抵どちらかだと思うのですね。

 

しかし、皆が皆、やりたくない事を思い出す為に体験している訳ではないでしょう?

 

幸せは、自分家の裏庭に転がっている事だって十分あるのです。

 

私だって、どちらの部分も持っています。

 

ましてや、白か黒かではなく、グレーだっていいんですよ。

 

そういう意味で、「なんでもいい。」のだと、私は思います。

 

昨日は冬至でしたね。

昼が徐々に長くなっていき、陽の気が多くなってくるとはいえ、

寒さはこれからが本番。

 

寒い時はお家にこもって、ひとり自分と向き合ってみるのも良い時間ですよ。

 

では、また!

 

新メニューの相性占いはこちらから。

数秘術×タロットみ見る相性♡ | emerald room STORE

 

 

 

占い相談はこちらから。emeraldroom.stores.jp

f:id:nnnn17:20211128094509p:plain

 

 

NORIはこんな人です!

Twitterはこちら

twitter.com


 

 

公式ラインはこちら

LINE Add Friend

f:id:nnnn17:20211128092125p:plain

 

 

その他SNSはこちらwww.lit.link